LINK海に行こうよ!

靴下の秘密

靴下に使用される素材と生地の特徴

靴下には、様々な生地が使用されており、履き心地や強度、蒸れにくさなどが変わってきます。
生地は、いくつかの素材を合わせて作られていることが多く、その配合によって機能性などにも違いがでます。
靴下の生地に使用される頻度が最も高い素材は、ウールです。
肌触りも良く、保湿性に優れるうえ、蒸れにくく、防臭効果があるのが特徴です。
また、コットンも良く使用される素材で、通気性が良く保湿性があり、洗濯に強いのが魅力です。
高級靴下は、シルクやカシミヤなどが使用されます。
シルクは、吸湿性と放湿性のほか、抗菌効果があります。
カシミヤは、軽くて暖かく、肌触りが良いうえに美しい光沢があるのが特徴的です。
お手ごろ価格の素材としては、ポリエステルやアクリル、ナイロンなどがあります。
強度が強く伸縮性があり、耐水性に優れるなどのメリットがあります。
これらの素材の特徴を知ったうえで、自分にぴったりのソックスを選ぶのが良いでしょう。


時期に合った靴下の生地をセレクトしましょう

洋服にも生地がそれぞれあるように、靴下にも生地がいろいろあります。
また、時期にそれぞれ合う合わないなどの差がありますので、気を付けましょう。
綿素材の場合は吸湿性に優れてはいます。
しかし、通気性はよくない為、梅雨の時期で履く場合は工夫が必要です。
ウール素材の場合、湿度調整作用を持っています。
しかし、ウール特有のチクチク感が気になるかもしれません。
また綿素材同様、梅雨の時期では注意が必要になります。
ポリエステル素材の場合、通気性は良いのですが吸湿性がよくないです。
靴の中がすぐに蒸れてしまうと思います。
アクリル素材の場合、ウール素材に似ているため、毛玉ができやすいので注意が必要です。
ブリーズファイバーと呼ばれる靴下に適している素材では、最新の素材であるため、履きやすく、防臭効果もあるという素材です。
実際に靴下を買う際には生地が何かを確認してみましょう。
どの素材にも長所短所がそれぞれありますので、どれにするかは履いて確かめてもよいと思います。

おすすめWEBサイト 5選

塾に通うなら逆瀬川

Last update:2018/8/30

copyright(c) 2015 靴下の秘密 all rights reserved.