LINK海に行こうよ!

靴下の秘密

たまっていく靴下を綺麗に収納するには見せる?見せない?

さて衣料品でたまってしまうものはなんでしょう。
下着。
そう。
夏汗、かくのでどんどん、洗っていきたいものです。
そんな中、靴下もたまっていませんか。
それは、家族構成によって色も素材も様々になります。
サラリーマンがいる世帯ならまず通勤用のもの。
紺色か黒くて、洗濯後、まず同じものどうしを探すのに苦労もします。
同じ柄をみつけたら、くるりと上部をひっくり返しまるめて、引出しにいれていきましょう。
通勤用はそういくつもあるとわずかな織柄違いで困るというもの、穴でも開かないかぎり、必要最低限でローテーションしていきましょう。
新しいのは来年にとっておいて。
家族に子供さんがいる場合は、鮮やかなものが登場します。
ウォールポケットに、ぽこぽこ、見せて収納してしまうと色柄が鮮やかなので可愛いですよ。
子供さんの手に届く高さにポケットを吊るしてあげると、自分で今日履きたい靴下を選べる楽しさもあります。
また真冬に向けては年齢問わずウールのものがありがたいですね、ただ収納となると、かさばるので夏物のものははめったに使わない衣装ケース等に、と入れ替えてしまい、冬用のものは一組ずつ合わせて頻繁に使う場所にしまいましょう。


靴下を散らかさずに収納しましょう

靴下は他の衣類より小さいので、上着や下着などタンスの余ったスペースに詰め込んだりすると取り出すのに苦労したりすると思います。
また、ゴムがあるので伸びないように畳んでおくのも重要なことになります。
収納をするときには靴下専用ボックスを準備しておくと便利です。
しかし、長さがまちまちである場合、短めなものは短めなものでまとめる、長いものは長いものでまとめるといった方法にした方が見栄えもよくなり、取り出しやすさも出てきます。
畳み方については、短いものについては1つ折りで済ませて大丈夫だと思います。
長いものについては巻いて収納するのがよいと思います。
収納ボックスについてはやたらと大きいものにするとスペースが空いてしまうことになりますので、現在所有している数を見ながらボックスを選ぶといいです。
靴下は片付けるのが面倒になりがちですが、簡単な形で畳んでボックスの中に入れておけば、長期間保たせることが可能になると思います。

check


着付け教室

Last update:2019/6/20

copyright(c) 2015 靴下の秘密 all rights reserved.